年齢とともに現れる

男性医師

どんなことから始まるか

人は年齢を重ねていくと色々な部分に老化が見られるようになります。40歳ぐらいの年齢になってくると、男性でも女性でも多くの人々が老眼の初期症状に襲われます。自分では認めたくないと思っていても、一度老眼の症状を経験すると、その後はどんどんと進行していきます。それでは、具体的に老眼はどんな症状かというと、例えば小さい文字を読んでいるときにポとボの区別がつきにくくなります。若い時ははっきりと違いが見えていましたが、年をとってくると読めなくなります。しかも、小さい文字は目に近づけることではっきり見えていましたが、老眼の症状としてはその反対で、目に近づければ近づけるほど、ぼやけて見えなくなっていきます。多くの人が初期症状で経験するのが腕時計を見た時です。老眼になる前と老眼になってからでは、明らかに腕時計を見る時の腕の位置が遠くなっているはずです。自分では認めたくないことかもしれませんが、やせ我慢をして、目に力を入れて何とか見ようとしても、結果的に目が疲れてしまうだけで何もいいことはありません。これだけ医療が発達している時代でも老眼を根本的に治す方法はありませんので、自分にぴったりとあった老眼鏡等を適宜使うようにしましょう。老眼もうまく付き合っていけば、生活していく上では不自由なく暮らしていけます。この症状は誰でも通るものですから、少し早いか少し遅いかの違いだけです。きちんと向き合うことが大切です。