中年女性

現代の眼のトラブル

生活環境の変化により、眼に疲労を貯めている人は増えてきています。結果として、老若男女問わず老眼の症状を抱える可能性は大いにあります。ですが、老眼は病気ではないので自宅で簡単に改善と予防が期待できます。

詳しく見る

男性医師

年齢とともに現れる

40歳ぐらいになると、多くの人々は老眼の初期症状に直面することになります。具体的な初期症状は、小さい文字が目を近づけても読めなくなります。ポとボの違いも字が小さいとよくわかりません。老眼は向き合うことが大切ですので、我慢せずに老眼鏡等で対応しましょう。

詳しく見る

中年女性

健康で強い目を作る

年齢がだいたい40歳ぐらいになると老眼になりやすくなり、進行はとても速いです。老眼にならないようにするためには目を鍛えることが大切です。すでになっている人も老眼の進行を遅らせることができます。自宅で手軽にできるトレーニングなので継続して行えば、症状が現れるのが遅くなります。

詳しく見る

メガネ

視力が悪化した不安に

老眼の症状としては小さい字が見えにくい、近くが見えにくいなどが起こり、これまで視力が良かった方でも遠くや人の顔は変わらず見えるのに近くが見えにくくなるケースがあります。老眼をキッカケに眼科に定期検診に行ったり、目のアンチエイジングケアや休養も心がけましょう。

詳しく見る

笑顔の女性

年とともにやってくる

40歳ぐらいの年齢になると多くの人に訪れるのが老眼です。初期の症状として、小さいものが見えにくくなりますので、不自由さを感じるでしょう。そんな時は老眼のメガネを適宜つけることが大切です。また、老眼の予防法などもあります。

詳しく見る

目は年齢とともに衰える

本を読む人

きちんと矯正しよう

最近、スマートフォンの文字が見えにくくなった、目が疲れやすくなった、ということはありませんか。あなたがこのような症状に心当たりがあり、40歳以上ならば老眼の初期症状かも知れません。老眼が始まったなら適切に対処する必要があります。ここでは、老眼の初期症状について書いてみたいと思いますので、もしかしたらと思うかたは参考にしてみてください。老眼とは、簡単に言うと年齢とともに目が老化し、目のピント調整機能が衰えて、近くのものが見えにくくなるという症状です。早い人で30代後半から始まり、平均45歳くらいで症状が出てきます。しかし、老眼の初期症状が出ても自分が老眼だとは認識できない人も多いので注意が必要です。具体的な初期症状としては、スマートフォンや本など近くの文字が見えにくくなる、目が疲れやすくなる、肩がこりやすくなる、照明が暗い場所で文字が見えにくくなる、近くの画面を長く見つめた後に遠くを見るとピントが合うまでに時間がかかる、などがあります。これらに当てはまる人は老眼が始まった可能性を考えた方がよいでしょう。もし老眼が始まったら、老眼鏡やコンタクトレンズを利用するなどして適切に対処する必要があります。矯正をせずに無理をして見続けると、眼精疲労を引き起こし、頭痛・吐き気・肩こりなどの深刻な身体症状が現れることがあるからです。自分が老眼かも知れないと思ったら、早めに眼科で診察を受けて、適切に判断してもらいましょう。